アートネイチャーの増毛の方法【増毛法の種類と最適な選び方】

アートネイチャーの増毛の方法

アートネイチャーでの増毛の方法は、個人の頭皮・頭髪の状態や、生活スタイルに合わせて選択ができるようになっています。
生活のスタイルは人それぞれ違います。生活スタイルに合わせて増毛法を選ぶことで、ストレスなく快適にコンプレックスを解消できるのです。

 

ストレスを感じない=日常生活に自然になじんで、バレないということ。
とても大切ですよね?

 

アートネイチャー マープリボーンを使った日状生活
出典: アートネイチャー

 

例えば、アートネイチャーの最新の増毛法であるマープリボーンなら、上記の写真のように、シャンプーしてドライヤーもOKです。

 

髪が増えてもストレスがあるなら本末転倒です。アートネイチャーの多くの増毛法は、精神的にポジティブになれる要素が強く、それまでの自分を自然に変えていきたいと考えている人にお勧めできるサービスです。

 

アートネイチャーの増毛法と種類

まず、アートネイチャーの増毛法は、大きく分けると、ウィッグ(かつら)と、自毛を活かす方法に分かれます。

 

そして、ウィッグ(かつら)と、自毛を活かす方法の中に商品がいくつか存在します。具体的にまとめると、下記のように分類されます。

 

  • ウィッグ(かつら)
    • HEAR FOR LIFE 50(ヘア・フォーライフ フィフティ)
    • REQUA(レクア)
    • ヘア・リプレイスメント(男性用かつら)

 

  • 自毛を活かす方法
    • ミクロポイント増毛法 ※1
    • V50(ヴイゴジュー)
    • 4Dα(フォーディーアルファ)
    • 4DM(フォーディーエム)

※1 マープ増毛法とも呼ばれる。商品ラインナップあり。最新の商品は、マープリボーン(MRP REBORM)

 

増毛の分類について解説

アートネイチャーの商品名でよく検索されるのは、「ヘアフォーライフ」と、「マープ」です。

 

「ヘアフォーライフ」は、ウィッグ(かつら)の増毛法のひとつであり、「マープ」も自毛を活かした増毛法のうちのひとつです。

 

「ヘアフォーライフ」と、「マープ」だけが、アートネイチャーの増毛法のように勘違いしている人もいますが、そうではありません。

 

アートネイチャーは、商品ラインナップが豊富です。ライフスタイルや予算に合わせて選べるのがアートネイチャーの増毛法の魅力です。場合によっては、組み合わせることもできます。

 

行き着くところ、アートネイチャーで増毛するには、ウィッグ(かつら)にするか、自毛を活かして増やすかの2択をして、その中の商品からニーズにあったものを選ぶことになります。

 

それでは、アートネイチャーの増毛法について、もう少し細かく見ていきましょう。

 

 

ウィッグ(かつら)での増毛について

「かつら」というと、浮いた感じのいかにも・・・を思い浮かべる人がいるかもしれませんが、アートネイチャーのウィッグは全く違います。

 

昔のかつらのイメージ

 

軽くて自然でおしゃれです。ですから、アートネイチャーの公式サイトの商品説明にも、「かつら」という文字はなくて、「ウィッグ」という表現を使っています。

 

HEAR FOR LIFE 50(ヘア・フォーライフ フィフティ)

主力商品のHEAR FOR LIFE 50(ヘア・フォーライフ フィフティ)は、まず、3つの新技術で、かつらの3大欠点をクリアしています。

  • 生え際(→リアルで自然に見える生え際が実現)
  • 抗菌・消臭(→ムレない・臭わない)
  • フィットするつけ心地(→衝撃を受けても、強風でも飛ばない)

 

「驚きの軽さとフィット感を実現」が特長で、
しかも、HEAR FOR LIFE 50(ヘア・フォーライフ フィフティ)を付けたままこんなこともできてしまうのです。

 

ヘラオーライフの利用メージ
出典:アートネイチャー ヘア・フォーライフ フィフティ

 

すごくないですか?
もちろん、シャワー、シャンプーOK!就寝時に付けて寝ても大丈夫!旅行などの集団行動で髪を気にする不便さがもはやないのです。

 

REQUA(レクア)

もうひとつの商品レクアは、人工皮膚を頭皮に密着させるタイプのウィッグです。
0.08ミリの透明で超薄ベースは第2の地肌のようで増毛でつけている事を忘れるくらいだといいます。

 

なんどスポーツ刈りをしても大丈夫というのですから、驚きですよね?
「0.08mmの超極薄ベースで究極の生え際」だそうです。

 

レクアの利用イメージ
出典:アートネイチャー レクア

 

ヘア・リプレイスメント(男性用かつら)

ヘア・リプレイスメントは、オーダーメイドの男性用のかつらです。

 

新ブランドは「アートセラ」といいます。
ベースも3種類から選べて、つむじや分け目にこだわり、新技術『シェルホールド』で装着感にもこだわれるそうです。

 

HEAR FOR LIFE 50(ヘア・フォーライフ フィフティ)以上の装着感となると、ちょっと想像がつきません^^;

 

ウィッグ(かつら)にデメリットはある?

アートネイチャーのウィッグのメリットを紹介してきましたが、デメリットに関しても言及しておきましょう。

 

デメリットをあえてあげるなら、HEAR FOR LIFE 50(ヘア・フォーライフ フィフティ)の場合は、装着して自毛となじませて付けている関係上、ウィッグに合わせて自毛を散髪するメンテナンスが必要です。

 

また、ウィッグやかつらは、あくまでも「付けている」わけですから、どこかのタイミングでは取り外しが必要です。また、ずれたり、外れたりが100%ないとは言い切れないとも思います。

 

このデメリットが受け入れられない場合で、取り外しの必要がない「自毛を活かした増毛法」であるマープを検討するといいでしょう。

 

 

自毛を活かした増毛について

アートネイチャーの自毛を活かした増毛法は、ミクロポイント増毛法V50(ヴイゴジュー)、4Dα(フォーディーアルファ)、4DM(フォーディーエム)の4種類です。

 

この4種類の増毛法を、髪の増やし方や、増やしたいところ、頭髪の状態によって選び分けることで、ライフスタイルにあった増毛を楽しむことができます。

 

「あれ?マープがない?」と思った方は、するどいです。
アートネイチャーの増毛法として歴史も長く有名なマープは、ミクロポイント増毛法に属する商品名なのです。さらに、マープにも種類があって、自毛の状態やどんなふうに増やしたいかによって選ぶことができます。

 

写真は、マープの新商品、マープリボーンでつむじ付近をぞ増毛している様子です。

 

マープリボーン増毛法イメージ
出典:アートネイチャー マープリボーン

 

ここで紹介する自毛を活かす増毛法はすべて、水や汗に強くてシャワーやスポーツ、ヘアスタイリングなども自由自在。自毛と同じように過ごせます。
取り外しがないのが、ウィッグとの多いな違いですね!

 

【参考】
マープの新商品はこちら

 

それでは詳しく見ていきましょう。

 

ミクロポイント増毛法

ミクロポイント増毛法は、自毛に人工毛を結びつけて増やす増毛法です。
マープが有名過ぎて、マープ増毛法と呼ばれていることもありますが、ミクロポイント増毛法は増やす手段の名称で、マープは商品名です。

 

ミクロポイント増毛法ですが、悩みに合わせてマープが5種類ラインナップされています。
マープに関しては、別記事でまとめているのでよかったら読んでみて下さい。

 

マープについての解説記事

 

ミクロポイント増毛法をさくっと解説

本来、頭髪はひとつの毛穴から数本出ているのが正常なのですが、薄毛の人はそれが1本だったりするので薄く見えるわけです。

 

そこで、健康な自毛に人工の毛を結びつけて増やしたいところに増やしたいだけボリュームを出します。
これがミクロポイント増毛法というアートネイチャーの増毛の仕組みのひとつです。

 

図を見てもらうと分かりやすいと思います。

 

いったん結んだ毛は、日常生活ではメンテナンス不要なのが最大のメリット
シャワーも、お風呂も、ドライヤーもOKで、もちろん寝る時もそのままでOK!もちろん、取り外しも不要なので、日常生活で薄毛を忘れることができます。

 

マープには種類がありますが、増やす部位や、増やしたい量によって、適切な商品を選んだり、組み合わせることもできます。かなりの自由度で増やすことができます。

 

V50(ヴイゴジュー)

V50(ヴイゴジュー)は、自毛を活かしながら、つむじを起点とした個々の髪の生え方を再現のにこだわった増毛法です。

 

V50の増毛法イメージ
出典:アートネイチャー V50

 

アートネイチャーで聞いた話なのですが、つむじのハゲは、男性は自分で気づきにくいのだそうです。自分では見えませんからね。
生え際の悩みでアートネイチャーに来た人が、無料ヘアチェックの頭皮診断で、つむじ部分の写真をみて驚く・・・なんてこともあるそうです。

 

つむじ部分の違和感で、かつらだとバレることも多いですよね?
でも、V50なら、自毛を活かしてつむじからの自然な毛流れを作ることができるのでバレる心配はありません。

 

 

4Dα(フォーディーアルファ)

4Dα(フォーディーアルファ)は、生え際まで増やしたい方のために、生え際の自然感にこだわった増毛法です。
「前髪をあげたヘアスタイルも楽しくなる」というのが、商品の特長をよくあらわしてます。

 

フォーディーアルファの増毛法イメージ
出典:アートネイチャー 4Dα

 

生え際が不自然だと、すぐに増毛だとバレますよね?
ですから、増毛する場合は、前髪を上げたりするアップスタイルは、なかなかできないのが常でした。でも、4Dαなら生え際も自然なので生え際を見せる髪型にもチャレンジできます。

 

また、4Dαは段階的に増やすこともできるので、自然少しずつ増やしていくことができます。

 

 

4DM(フォーディーエム)

4DM(フォーディーエム)は、健康な自毛が少なく薄くなってしまった人が、髪の密度を増やしてボリュームを出すための増毛の方法です。

 

下の写真は、4DMで徐々に毛を増やしていく様子です。
小さな写真でわかりずらいかもですが、左端の施術前だと、全体的に地肌が透けているのがわかりますか?

 

フォーディーエムで増毛していくイメージ
出典:アートネイチャー 4DM

 

地肌が透けているような状態だと、自毛の量が少ないため、例えば、ミクロポイント増毛法のマープでは十分にボリュームを出すことが難しい場合があります。

 

でも、4DMなら、地肌が見ているよな薄毛でも大丈夫なのです。
「全体的に脱毛してるので、かつらしかない・・」とあきらめていた人は、4DMを体験して試してみるといいと思います。

 

 

自毛を活かす増毛法にデメリットはある?

アートネイチャー自毛を活かす増毛法のデメリットをあげるなら、人工毛は伸びないので定期的にアートネイチャーで散髪する必要があることでしょうか?
散髪で、ヘアスタイルが保てなくなった人工毛はカットされます。
また、ボリュームが足りなくなったら追加で増毛してメンテナンスが必要です。

 

 

アートネイチャーの増毛法の選び方

アートネイチャーの増毛法を紹介してきましたが、数が多くて、どれを選んだらいいかわからなくなるという状態が起こります。

 

でも、アートネイチャーでは、カウンセリングで最適な増毛の方法を相談して選べるから大丈夫です。

 

ですから、最初はCMで気になった増毛体験をお申し込みするのがいいと思いますよ。
増やせる本数にも融通が利くし、アートネイチャーなら施術前にヘアチェックを行ってくれるので頭皮や頭髪の状態も確認できます。

 

個人的には、より自然で抵抗が少ないのはマープだと思うので、マープの新商品から試してみるのがおすすめです。

 

マープ増毛法の中では、新商品のMAP REBORN(マープリボーン)がキャンペーンをやっています。
申し込みの途中で、無料体験も選べますが、この機会に自然に見える程度を相談して増やしてみるのもいいと思います。

 

REBORN(マープリボーン)のキャンペーン

 

他社の増毛と比較して選ぶなら?

アートネイチャーの増毛の方法とと比較して検討するなら、老舗のアデランスがおすすめです。アデランスでも、マープと同じような増毛法があって、世代問わずにも人気があります。
キャンペーンの内容も少しずつ違うので説明しておきますね。参考にして下さい。

 



このサイトでは、アートネイチャーの増毛体験をレビューしています。こちらも参考にしてみて下さい。

 

増毛体験の詳細レビュー

増毛体験の様子

増毛体験って、実際にはどんなことをするの?増やしてバレないか心配・・・そんな人はこれを見れば悩みが解消できます。
260本増やすだけでこんなに・・・

 

増毛体験の流れをそのまま掲載!詳細な体験レビューこちら

 

実は、髪の悩みに関しては、男性よりも女性のほうが積極的だって知ってましたか?
旦那がどうしようもなく悩んでるので、奥さんが無料体験を申し込んであげることもあるみたいですよ。無料体験の時に聞きました。

 

増毛の方法は人によってメリットとデメリットに感じる部分が違います。
1回あたりの料金や、年間の費用を考えても、心地良い感じる増毛の方法は変わると思うんですね。だから、ぜひ、いろいろ試して下さい。

 

一番もったいないのは、試さないであきらめることだと思います。

アートネイチャーの増毛の方法【増毛法の種類と最適な選び方】記事一覧

無料増毛キャンペーンのおすすめ!アートネイチャー無料増毛キャンペーンは、うまく活用して自分にあった髪の増やし方を探すのが...

アートネイチャーの増毛価格はいかほど?アートネイチャーを利用するに当たっての増毛価格について、安いと思うか、高いと思うか...

アートネイチャーの増毛はどんな仕組みアートネイチャーの増毛の仕組みは独特なものとなっています。植毛や、かつらとは違うと言...